土佐清水ジオパーク推進協議会

土佐清水市観光ページ

お知らせ

Information

【H30.9月号】ジオパークだよりvol.51

ジオパークだより51号を掲載しました。
ジオパーク推進室前でやっている「化石展」にあわせて、化石が大好きな今井専門員が生痕化石の魅力について語っています。
化石愛あふれるインタビュー、ぜひご一読ください。

 

掲載日:2018年08月31日

土佐清水ジオパーク構想学術研究助成事業の採択について

今年度から土佐清水ジオパーク推進協議会では、当ジオパーク構想エリアでの学術資料の蓄積を目的として、「土佐清水ジオパーク構想学術研究助成事業」を行っています。今年度、採択となった研究を紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 〈研究の名称〉
    将来の南海トラフ巨大地震を見据えた1946年南海地震の土佐清水における地震建物被害に関する調査研究

    〈所属・氏名〉
    高知工業高等専門学校ソーシャルデザイン工学科まちづくり・防災コース准教授 池田 雄一

    〈研究の目的〉
    1946年南海地震の土佐清水における建物被害に関する文献調査、当時の南海地震に遭遇された方々への聞き取り調査を実施する。これをふまえて、現状の土佐清水市の建物分布とその地盤状況を調査し、将来発生する可能性が高い南海トラフ巨大地震への土佐清水の地震建物被害への対策・備えを目的とする。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 〈研究の名称〉
    土佐清水八景・三十六景・八十八か所の選定とそのプレゼンテーションからスタートする観光・地域づくり

    〈所属・氏名〉
    高知工業高等専門学校ソーシャルデザイン工学科まちづくり・防災コース准教授 三橋 修

    〈研究の目的〉
    土佐清水八景・三十六景・八十八か所候補を現地調査によりリストアップして、選定する。ジオパークプレゼンテーションを土木・建築的側面から検証して土佐清水八景・三十六景・八十八か所のプロモーションデータ作成、及びプロモーションを行う。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 〈研究の名称〉
    四万十海底谷における栄養塩供給と基礎生産および動植物プランクトンの分布に関する研究

    〈所属・氏名〉
    高知大学総合研究センター海洋生物研究教育施設 准教授 齋藤 知己

    〈研究の目的〉
    四万十海底谷での沿岸湧昇による土佐湾西部浅海域・足摺岬周辺海域への栄養供給が、その基礎生産の維持・向上に果たす役割と海洋生態系における基礎生物である動植物プランクトン・魚類の分布に及ぼす影響を明らかにすることを目的とする。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 〈研究の名称〉
    土佐清水ジオパークにおける外国人観光客誘致に関する調査

    〈所属・氏名〉
    東京経済大学現代法学部 教授 カレイラ 松崎 順子

    〈研究の目的〉
    土佐清水ジオパーク構想にある足摺岬などの観光地や周辺のホテル、レストランの英語のレビュー分析を行い、外国人観光客がどのように土佐清水ジオパーク構想を評価しているのか、さらに、改善点はどこにあるのかなどを明らかにしていく。さらに、それらの結果をもとに現地調査を行い、土佐清水ジオパークにおける外国人観光客誘致対策に示唆を与える。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 〈研究の名称〉
    高知県土佐清水市における津波浸水履歴の解明

    〈所属・氏名〉
    筑波大学生命環境科学研究科地球科学専攻 嶋田 侑眞

    〈研究の目的〉
    低地の地下体積物を観察することにより、高知県土佐清水市における過去の津波浸水履歴を明らかにする。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    それぞれの研究成果については、平成31年3月15日までに土佐清水ジオパーク推進協議会に示されます。

掲載日:2018年08月07日

ジオパーク推進室前でミニ化石展開催中

ジオパーク推進室前の空きスペースで化石の展示をはじめました。
今回は今井専門員の生痕化石のコレクションを少しだけ展示しています。

生痕化石とは、生物の体そのものではなく、生物が活動した痕跡が化石として残っているものです。
数千年万年前の生き物が残した生きた痕跡、愛くるしい生痕化石の世界を覗いてみませんか。

どうぞ皆さん、お気軽にお立ち寄りください。

掲載日:2018年07月31日

【H30.8月号】ジオパークだよりvol.50

掲載日:2018年07月31日

【H30.7】ジオパークだよりvol.49を掲載しました

広報とさしみず7月号にジオパークだよりvol.49を掲載しています。
広報裏面は現地審査に向けた全面広告を掲載しています。

 

 

 

掲載日:2018年07月05日

【募集!!】ジオパーク活動に参加してくれる方大募集

7月11日から13日に日本ジオパーク認定の現地審査があります。これを機会にもっとジオパークについて市民の皆様に知ってもらうきっかけとして、市内の事業所様にのぼり旗やポスターの設置のお願いに回っています。
「ジオパークを盛り上げたいけどどうしていいかわからない」という方、ジオパークの楽しみ方、地球の楽しみ方もあわせて解説しますので、ぜひ事務局までご連絡ください。
大きいのぼりは難しいという場合は、卓上ミニのぼりも用意しています。

これをきっかけに、ジオパーク活動一緒にやりましょう。

【お問い合わせ】
 土佐清水ジオパーク推進協議会事務局
 (土佐清水市役所観光商工課内)
 TEL:0880-82-1115

掲載日:2018年06月13日

【ジオT・ジオポロを着て応援キャンペーン】ジオT・ジオポロ販売します!

7月11日(水)から13日(金)に行われる日本ジオパーク新規認定現地審査に向け、”ジオT・ジオポロを着て応援キャンペーン”を実施します。7月10日までジオT・ジオポロをキャンペーン価格の全品200円引きで販売しますので、ぜひこの機会にお求めください。

ジオT、ジオポロは6月中旬に中央町コジマ洋品店店頭に入荷予定です。入荷したら、随時お知らせいたします。

【取扱い商品】
①ジオ×さばコラボT   2,000円 → 1,800円
 フロントはお馴染みのさばT、バックプリントにジオパークロゴが入ったものです。
②ジオポロ(ドライ) 2,000円 → 1,800円
 バックプリントにジオパークロゴのみ
③ジオポロ(綿ポリ) 2,000円 → 1,800円
 バックプリントにジオパークロゴのみ

 ※3L以上は+200円です。

ジオポロについては土佐清水ジオパーク推進協議会でも注文を承りますので、お求めの方は観光商工課内ジオパーク推進室まで注文票を提出してください。※ジオ×さばコラボTはコジマ洋品店での店頭販売のみとなります。
ジオポロ注文票

【お問い合わせ】
コジマ洋品店 〒787-0324 土佐清水市中央町2-9 TEL:0880-82-0202
土佐清水ジオパーク推進協議会事務局(土佐清水市観光商工課内)
〒787-0392 土佐清水市天神町11-2 TEL:0880-82-1115
MAIL:geopark@city.tosashimizu.lg.jp

 

 

掲載日:2018年06月04日

現地審査の受け入れについて

土佐清水での日本ジオパークの現地審査は7月11日(水)から13日(金)の予定で開催されます。
現地審査への視察等を希望されるJGN関係者は2018年6月15日(金)までに土佐清水ジオパーク推進協議会事務局までご連絡ください。

   土佐清水ジオパーク推進協議会事務局
 T E L: 0880-82-1115
 MAIL: geopark@city.tosashimizu.lg.jp

掲載日:2018年05月21日

日本ジオパークネットワーク新規認定一次審査を通過しました

 5月19日(土)13時から千葉市の幕張メッセで、日本ジオパーク新規認定にかかわる公開プレゼンテーションが行われました。
 4月に提出した申請書と、プレゼンテーションを踏まえた机上審査の結果、7月に現地審査が行われることとなりました。

 現地審査は7月11日(水)から13日(金)に行われる予定です。
 審査員は中川 和之氏(時事通信社解説員)、長谷川 修一氏(日本応用地質学会顧問)、柴田 伊廣氏(日本地質学会ジオパーク支援委員会委員)の3名です。

 

掲載日:2018年05月20日

【H30.5】ジオパークだより vol.47 を掲載

掲載日:2018年05月01日

土佐清水ジオパーク推進協議会

〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号 
TEL.0880-82-1115 FAX.0880-82-1126 
geopark@city.tosashimizu.lg.jp