土佐清水ジオパーク推進協議会

土佐清水市観光ページ

お知らせ

Event & information

【報告書】公開討論会 私がつくる!土佐清水ジオパーク

平成31年3月9日に行われた「公開討論会 私がつくる!土佐清水ジオパーク」の報告書ができました。

【公開討論会 私がつくる!土佐清水ジオパーク】
主催: 放送大学高知学習センター、土佐清水ジオパーク推進協議会
日時: 平成31年3月9日(土)9:00~12:10
会場: 土佐清水市中央公民館3階多目的ホール
     (〒787-0305 土佐清水市天神町11-15)

報告書ダウンロードはこちらから

◆190309_放送大学シンポジウム報告書

 

 

まず、第1部の日本ジオパーク委員会委員長 中田節也氏の基調講演では「ジオパークの目指すもの」と題し、世界中のジオパークの事例を通して、改めてジオパークとはどのようなものかを示していただきました。

第2部は、様々な立場のパネリストが、これからジオパークとして何に取り組みたいか、そこで何をしたいかについて討論を行い、最後に参加者の皆さんがそれぞれ「自分はジオパークで土佐清水をこうしたい!!」という宣言を付箋紙に記入して貼り付けてもらいました。詳細は報告書をご覧ください。

掲載日:2019年05月08日

【5月号】ジオパークだよりvol.59

【ジオパークだよりvol.59】
今月号より誌面をリニューアル!
新専門員の植物系女子森口が語る植物の魅力満載のボタニカルインタビューや、学術研究支援事業の紹介などを掲載しています。
科学やジオパークのおもしろい!を少しでも多くの人に感じていただきたく、私たちはジオパークだよりを作っていきます。
これから、様々な意見をいただきながら、このジオパークだよりを進化させ、「ジオパーク」を通して皆さんとコミュニケーションを図っていけたらと考えています。
(土佐清水のおもしろ情報や、ご意見やご感想お待ちしています!)

 

ジオパークだよりvol.59

掲載日:2019年04月26日

平成30年度学術研究助成事業成果概要

昨年度「土佐清水ジオパーク構想学術研究助成事業」で行った研究成果をご紹介いたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
将来の南海トラフ巨大地震を見据えた1946年南海地震の土佐清水における地震建物被害に関する調査研究
〈所属・氏名〉
高知工業高等専門学校ソーシャルデザイン工学科まちづくり・防災コース准教授 池田 雄一
〈研究の目的〉
1946年南海地震の土佐清水における建物被害に関する文献調査、当時の南海地震に遭遇された方々への聞き取り調査を実施する。これをふまえて、現状の土佐清水市の建物分布とその地盤状況を調査し、将来発生する可能性が高い南海トラフ巨大地震への土佐清水の地震建物被害への対策・備えを目的とする。
〈研究の成果概要〉
【池田雄一氏】研究の成果概要―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
土佐清水八景・三十六景・八十八か所の選定とそのプレゼンテーションからスタートする観光・地域づくり
〈所属・氏名〉
高知工業高等専門学校ソーシャルデザイン工学科まちづくり・防災コース准教授 三橋 修
〈研究の目的〉
土佐清水八景・三十六景・八十八か所候補を現地調査によりリストアップして、選定する。ジオパークプレゼンテーションを土木・建築的側面から検証して土佐清水八景・三十六景・八十八か所のプロモーションデータ作成、及びプロモーションを行う。
〈研究の成果概要〉
【三橋修氏】研究の成果概要
【高知高専・三橋修】03-2019論文原稿四国支部
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
四万十海底谷における栄養塩供給と基礎生産および動植物プランクトンの分布に関する研究
〈所属・氏名〉
高知大学総合研究センター海洋生物研究教育施設 准教授 齋藤 知己
〈研究の目的〉
四万十海底谷での沿岸湧昇による土佐湾西部浅海域・足摺岬周辺海域への栄養供給が、その基礎生産の維持・向上に果たす役割と海洋生態系における基礎生物である動植物プランクトン・魚類の分布に及ぼす影響を明らかにすることを目的とする。
〈研究の成果概要〉
【齋藤知己氏】研究の成果概要
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
高知県土佐清水市における津波浸水履歴の解明
〈所属・氏名〉
筑波大学生命環境科学研究科地球科学専攻 嶋田 侑眞
〈研究の目的〉
低地の地下堆積物を観察することにより、高知県土佐清水市における過去の津波浸水履歴を明らかにする。
〈研究の成果概要〉
【嶋田侑真】研究の成果概要

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
土佐清水ジオパークにおける外国人観光客に関する調査
〈所属・氏名〉
東京経済大学 教授 カレイラ松崎順子
〈研究の目的〉
土佐清水ジオパーク構想にある足摺岬などの観光地や周辺のホテル、レストランの英語のレビュー分析を行い、外国人観光客がどのように土佐清水ジオパーク構想を評価しているのか、さらに、改善点はどこにあるのかなどを明らかにしていく。さらに、それらの結果をもとに現地調査を行い、土佐清水ジオパークにおける外国人観光客誘致対策に示唆を与える。
〈研究の成果概要〉
【カレイラ松崎順子】研究の成果概要

 

掲載日:2019年04月25日

大地と植物の観察会 in 鹿島

「大地と植物の観察会 in 鹿島」はご好評につき、満員となりましたので、受付を締め切ります。


かつて離島だった鹿島には、土佐清水ではちょっと珍しい植物が息づいています
石ころ博士と植物博士の案内で身近な自然を観察しながら
土佐清水の暮らしと地球のことを考えます

おやつに足摺黄金糖を使用したシフォンケーキと淹れたてのコーヒー、香り豊かなきしまめ茶をご用意しています。
身近な自然をもっと知り、のんびりお茶でもしませんか。

 

日  時  *2019年5月11日(土)
     13:30~15:30
集合場所*鹿島公園駐車場
参 加 費 *500円
     (コーヒー、おやつ付き) 
     ※マイボトル、マイカップ持参推奨!
定    員  *15名
案 内 人 *今井悟、森口夏季
    (ジオパーク専門員)
要参加申込
お名前、お電話番号を明記のうえ、下記まで申込ください。
土佐清水ジオパーク推進協議会
TEL:0880-82-1115 FAX:0880-82-1126
MAIL:geopark@city.tosashimizu.lg.jp

 

 

 

 

 

最近巷でよく耳にする“SDGs”(持続可能な開発目標)
これから、土佐清水ジオパーク構想でもSDGsを意識した取り組みを行なっていきます。

今回のこちらのイベントは

 

 

 

 

4  質の高い教育をみんなに
12 つくる責任 つかう責任
15 陸の豊かさを守ろう

これらの目標に当てはまるものだと考えています。
鹿島の豊かな自然をよく観察し、この自然と調和した土佐清水のサスティナブルな暮らしのあり方を考えるきっかけになればと考えています。

掲載日:2019年04月17日

平成30年度臨時総会を開催しました

 土佐清水ジオパーク推進協議会は3月19 日土佐清水市役所において臨時総会を開催しました。
 総会では、前回審査の指摘事項の進捗状況と今後の見通しを説明し、今年4月の日本ジオパーク新規認定の申請を見送ることが承認されました。
 また、平成31年度の事業計画及び収支予算についても承認されました。

平成31年度事業計画
平成31年度収支予算

掲載日:2019年03月29日

【H31.3月号】ジオパークだより vol.57

ジオパークだより第57号発行しました。

掲載日:2019年03月01日

ジオパークにかかわる新たな取り組みを募集します!!

土佐清水ジオパーク構想で一緒に活動しませんか?

土佐清水ジオパーク推進協議会では、土佐清水ジオパーク構想エリアを対象とした活動を支援し、学術資料の蓄積や貴重な地域資源の保全、ジオパーク活動の充実を図るため、活動費の助成を行います。

【募集期間】2019年3月1日(金)~4月26日(金)

詳しくは、募集要項、チラシ等をご覧ください。

 

【チラシ】土佐清水ジオパーク構想活動支援事業
【H31年度募集要項】土佐清水ジオパーク構想活動支援事業助成金
【応募用紙】土佐清水ジオパーク構想活動支援事業
【要綱】土佐清水ジオパーク構想活動支援事業助成金交付要綱
【様式】土佐清水ジオパーク構想活動支援事業助成金様式

掲載日:2019年02月26日

公開討論会「私がつくる!土佐清水ジオパーク」

公開討論会「わたしがつくる!土佐清水ジオパーク」3月9日に開催!
~土佐清水市だからこそのジオパークをひとり一人が考え、アクションを宣言する~

 

土佐清水ジオパーク推進協議会では放送大学高知学習センターと共催で公開討論会「私がつくる!土佐清水ジオパーク」を開催します。

「ジオパークって何だろう」「どうしてジオパークをするのだろう」地域振興をするのであれば、ジオパークでなくてもできるけど、どうして、土佐清水はジオパークを目指すのか?!

第1部では、日本ジオパーク委員会委員長の中田 節也氏を招き、基調講演を行い、改めてジオパークの本質を共有。
第2部では、住民やジオパークにかかわるパネリストを迎え、パネルディスカッションを行います。
討論を通じ、”土佐清水だからこそ”のジオパークをいかに創るかをひとり一人が考え、アクションを宣言します。

 

 

 

 

 

 

 

第1部 9:00~10:10 基調講演「ジオパークの目指すもの」 
    日本ジオパーク委員会委員長 中田 節也氏
第2部 10:20~12:10 公開討論会「私はジオパークで土佐清水市をこうしたい!」
    コーディネーター 吉倉 紳一(放送大学高知学習センター所長)
    パネリスト 中田 節也 日本ジオパーク委員会委員長
          泥谷 光信 土佐清水市長
          奈良 正和 高知大学理工学部教授
          川村 晶子 高知大学次世代地域創造センター客員教員
          土佐清水ジオガイドの会 会長
          環境省自然保護官
          地域おこし協力隊員
          漁業従事者
■開催概要
主催: 放送大学高知学習センター
協力: 土佐清水ジオパーク推進協議会、土佐清水市
日時: 平成31年3月9日(土)9:00~12:10
会場: 土佐清水市中央公民館3階多目的ホール (〒787-0305 土佐清水市天神町11-15)
参加費:無料
定員 :100名(先着順)
参加申込:お名前、ふりがな、住所、お電話番号、メールアドレスを記載し、   
放送大学高知学習センターまでFAXもしくはE-MAILでお申込みください。
放送大学高知学習センター 
FAX:088-843-4813 E-MAIL:kochi39@ouk.ac.jp
締切: 平成31年3月6日(水)
(チラシ)公開討論会

■本件に関するお問い合わせ先
土佐清水ジオパーク推進協議会事務局
〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11-2土佐清水市役所観光商工課内
TEL:0880-82-1115
Email:geopark@city.tosashimizu.kochi.jp

掲載日:2019年02月21日

【募集!】ギョギョッと探検ジオツアー

この度、土佐清水認定ジオガイドを中心に体験型ジオツアーの企画・開発を行ない、下記の日程でお子様連れを対象にしたモニターツアーを実施します!

『海中探検』に『太古の海底へタイムスリップ!』時空をまたいで竜串の海を堪能したあとは、名人直伝のつり体験!
思わず『ギョギョっ』とうなる盛りだくさんのツアーです。

参加を希望される方は、チラシの連絡先へ直接お申込みください。

 ギョギョッと探検つりツアー

【日時】 平成31年3月2日(土)9:00~13:00
【集合時間】8:50
【集合場所】竜串市営駐車場
【募集人員】先着10名 (親子でお子様は小学校3年生以上)
【参加料金】おひとり1000円(昼食代実費)
 詳細はチラシをご覧ください。

 

 

掲載日:2019年02月20日

【レポート】足摺岬ジオガイドツアー

土佐清水は日差しも少し強くなって春の訪れが感じられる今日この頃。
足摺岬では、ヤブツバキが見ごろを迎えています。

2月17日(日)は足摺岬小学校グラウンドで椿まつりのイベントが行われました。
それにあわせて、ジオガイドによる「足摺岬ジオガイドツアー」を実施しました。

この日のテーマは「なぜ足摺岬に椿は群生しているのか?」
ジオガイドの皆さんがツバキを切り口に足摺岬の地質・地形についてご案内しました。

ツバキは土佐清水のシンボルフラワーでもあり、土佐清水ジオパーク構想のロゴマークにも使用されています。

この日、担当したジオガイドの皆さん
足摺岬の展望台から天狗の鼻まで行くルート
足元にも椿があちらこちらに
天狗の鼻からの眺め

この日はお天気も良く、ジョン万ウォークに参加された方など市外の方たちにもたくさんご参加していただきました。
皆さん、ありがとうございました。

「足摺椿まつり」の期間は2月1日(木)から28日(木)まで。
椿はまだまだ見ごろ、皆さん足摺岬へどうぞお越しください。

掲載日:2019年02月18日

土佐清水ジオパーク推進協議会

〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号 
TEL.0880-82-1115 FAX.0880-82-1126 
geopark@city.tosashimizu.lg.jp