土佐清水ジオパーク推進協議会

土佐清水市観光ページ

レポート

Report

室戸のガイド 谷口さんのおはなし(その2)

10月19日(金)2018年度のガイド養成講座に向けて受講生募集イベントの一環として、室戸観光ガイドの会会長の谷口洋介さんに講演をしていただきました。ジオガイドに興味がある方、ジオパークってよくわかんないけど土佐清水のまちを良くしたいっていう方、なんも興味ないって方…色んな人に読んでいただきたい内容です。

内容は谷口さんの講演の書きおこしです。

谷口さんのプロフィール

谷口洋介 
室戸観光ガイドの会会長
1984年、室戸市出身。中高は高知市内の学校へ進学、東京の大学へ進学した後、金融マンに。
2015年、故郷の室戸市に帰り、実家の商店を継ぐ。
家業の商店を切り盛りしながら、ジオガイドに。2018年6月より室戸観光ガイドの会会長に就任。日々、“室戸専門員”として室戸を知る活動に精を出し、走る広告塔として、室戸ユネスコ世界ジオパークの宣伝に励んでいる。

 

谷口さんのおはなし(その1)はこちらから

 

官民は飛行機のつばさ

ジオガイドとして活動する中で大切なことだと思うのですが、ジオパークというものは官民が協力して作り上げていくものであると思っています。ほかの地域の方とかも情報連携がうまくいっていないという話をよく聞くのですが、官民は飛行機のつばさだと思っています。

官民両方のつばさが水平になっていないと、目的地まで飛んでいけないんですよね。バランスが悪く、どちらかに傾いてしまうと、ぐるぐると旋回するだけになってしまいます。
私はまだ会長になって間もないですが、推進協議会の人たちとちゃんと話をするようにしています。
いいことばかりでなくて、こういうふうにしたいとか思いをしっかり伝えるように「本音を言う」ことを重要視しています。

本音を言って、情報のキャッチボールをすることが情報共有だと思うんです。例えば、地質的なことの情報共有もありますが、思っていることややりたいことを忌憚なく言うということが大事です。そうでないと、同床異夢になって、バランスがとれなくなってしまう。バランスをとる唯一の方法が対話だと思います。ですので、私は室戸の事務局にも「こういうことがしたい」ということは伝えますし、推進協議会から話があったときは、ガイドの会で諮ったり。そういうことをこれからもやっていきたいと思っています。
同床異夢で、目的が定まらないと、やっぱりまとまらないんですよね。
「今から山にのぼりまーす。」といってもみなさん描く山が違うと思うんですよね。
エベレストを描く人もいれば、ある人は富士山を描くかもしれない。
だったら、どこの山かっていうのを具体的にきいたらいいんですよね。それが、情報共有で思いを聞くということだと思います。

なので、やっぱり本音をいう。日本人ってはっきりズバズバいうのは苦手だと思うので、おおっぴらなところで言うのが難しければ、少人数のところで本音の話をする。
そういうふうに、本音で話していければいいと思います。

 

土佐清水専門員!!

もう一度、言いたいのは、「皆さんは土佐清水専門員!!」ということです。
どんどん歩いて、疑問に思ったことは調べ、地元の人や専門員に聞いて、しっかりと骨や肉をつけていくという作業をするとジオガイドとしてお客様におもしろい話ができると思います。

このあいだ、他地域のジオパークの方が室戸にきて、質問を受けたのですが、ジオストーリーはどう作るかと質問がありました。
そこの地域の伝統舞踊があり、それはどうやら気候に関係しているらしい。でもその関係がうまくつながらない。
そのとき、「地元の人に話を聞いたんですか。」と尋ねたら、まだ聞いていないということだった。
たぶん、どうなるかわからないですが、地元の人に聞いたら、ある程度つながると思うんですよね。
ですので、地元の人の話を積極的に聞いてもらいたいなと思います。

 

\谷口ギャラリー/

ちょっとこれから、私がうろうろしていたときにフェイスブック上に上げた写真をお見せしたいと思います。
その中には私がガイドになろうと思ったきっかけの写真もあったりします。どうぞご覧ください。ここからの話はほぼ付録ですんで、リラックスして聞いてください。

私が2015年に帰ってきて一番初めにしたのが、こちら。

みなさん、何かわかりますか。
ダイコンを植え始めました。

このダイコンを植えているところは西山台地というところです。たまたま西山台地に植えたんですが、この西山台地は大地が隆起してでき、良質な土壌があるところだということがわかったんです。

つづいてこれ、なんでしょう?

これはニホンカモシカです。天然記念物です。山をほっつき歩いていたときに出会いました。

 

これはあんまりジオパーク関係ないですけど、これ何だと思います。

これ、カラスの死骸だと思ってたんですが
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

近づいてみると、、、

カツラだったんですよ!

どうしたら、こんな状況になってしまうんだろうと疑問に思って、フェイスブックに投稿したりしてました。

 

これは四十寺山というところなんですが、私、千日回峰行というのに憧れていまして、それで、10日間連続この四十寺山に上ろうと思って登り始めました。千日回峰行からするとほんの何万分の1みたいな日数ですが。

四十寺山も例のごとく大地が隆起してできたところで、山頂付近から貝の化石が出るという、ジオパークとして語られる山だったんですよね。

 

この辺から迷走し始めます…

このふんどしが私です。私、商売やってますんで、室戸のマラソン大会に店の宣伝するために裸で自分の体に店の名前を書いて出場しました。

これも、駅伝大会ですね。

 

私がガイドやろうというきっかけになったものの写真です。

今、萩にいる白井専門員が室戸にいたときの広報記事です。
これを見たときに、ガイドをやろうと思ったんですね。
白井さんは室戸の方じゃないんですが、室戸のジオパークを良くしようと必死に頑張っている。
私はもろ室戸の人間です。
室戸の僕たちが地域を良くすることに無関心でいてはいけないと思ったんですよね。
それで、広報の記事と養成講座のチラシを見て、ガイド養成に申し込みました。

これは、
室戸のスナック街です。

このスナック街が発展した理由も、ジオパークに関係しています。
室戸は遠洋漁業が盛んで、マグロを釣りに行きます。一回航海に出ると2年くらいは帰ってこない。遠洋漁業で、お金を稼いでも、お金を落とす場所がないということで、こういったスナック街が栄えました。
このスナック街はさきほど話した地震で隆起した港の程近くにあって、船はその港から出ています。
そういう話を現地審査でお話しました。

これは養成講座の写真です。

これは岩の表層に生痕化石があって、昔、貝が動いた跡が残っています。
普段なにげなく見ていた石に地球の歴史が刻まれているということがとても新鮮でした。

そんなこんなで、ガイドになりました。

ガイドになってから、すぐに四万十川桜マラソンに参加しました。
生まれてはじめてのフルマラソンです。

 

室戸ジオパークのPRをしようとおなかに宣伝を書いて勝手に走ったんですが、これはひんしゅくをかいました。

けど、こういうかんじで写真をたくさん撮ってくれました。ですので、これをSNSで拡散してくださいとお願いしてPRしました。

これは室戸のガイドが日本ジオツーリズム大賞を受賞して、そのごほうびとして、東京で行なわれた見本市に参加してきた時の写真です。
ここでもふんどしでPRしました。
私と写真をとってくれたらノベルティを差し上げますといって、室戸をPRしました。
私が持っているのは捕鯨用のヤリを私が模して自作したものです。
すごく精巧にできていて、大好評でした。

こんなかんじで、日々すごしています。

 

で、最後に一番大切にしてほしいのが、こちらです。

土佐清水専門員!!!

========================================

2回にわたってお伝えしてきました「室戸観光ガイドの会会長谷口洋介さんのおはなし」
いかがでしたでしょうか。
谷口さんがきょろきょろ歩き回り、見つめてきた室戸のこと、地域で生きること…
面白画像からは谷口さんの、まちを見る独自の眼差しとともに、室戸で生きるという熱い気概が伝わってきますね。

ジオガイドをこれからやろうという方や、すでにしている方だけでなく、地域で生きるひとりの人間として、大切なことがたくさん詰まったお話だったのではないかと思います。
土佐清水専門員として、日々、研究しないといけないですね。

これを読んで、「ジオガイドやってみたい!」という気持ちになった方、養成講座の受講申し込みは11月7日までとなっています。ぜひ、下記までご連絡ください。

土佐清水ジオパーク推進協議会
TEL:0880-82-1115
FAX:0880-82-1126
MAIL:geopark@city.tosashimizu.lg.jp

(おしまい)

掲載日:2018年10月25日

土佐清水ジオパーク推進協議会

〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号 
TEL.0880-82-1115 FAX.0880-82-1126 
geopark@city.tosashimizu.lg.jp